[セッションのご感想]見失いそうになる「自分がこうありたい姿」を自然と思い出すことができるような気がしました

自分自身がどう生きていったらよいのか、社会人になってからも、いろんな仕事をしながら、紆余曲折してきました。

セッションを受けようと思ったタイミングでは、「自分の心に正直に生きていきたい」と思う一方で、「それはたぶん難しい」と思い込んで、気持ちとは若干違った方向に向かってしまい、結果、立ち止まってしまっているな…というパターンに、うっすらと気が付いてきたり、「女性として、結婚して子供を産むということが幸せ」という価値観に対して、小さいころからの刷り込みのせいなのか、自分でもそれを望んでいるか、わからなくなってしまったり、やりたいことを優先して、どちらもまだ経験いないけれども、この先どうなるかはわからない、と思う一方で、現時点では、どちらでもいいのかなと思い始めていたり。

そんな中で、特定の悩みを相談するということではなく、妙香さんが、なぜ出家という道を選んだのか、ということが気になって、お話を聞いてみることにしました。

出家をしたら、一般の女性が選択できる結婚をするしない、子供を産む産まない、その選択肢自体を手放すことになるわけです。

私よりもまだ若い妙香さんが、どう決断されたのかというところも、気になっていました。

お話を聞いていると、何かつらいことがあっただとか、そこから離れたいとか、何かを断つ・俗世を離れる…というようなことではなく、自然の流れで、禅僧という道に導かれた、とのこと。

また、出家以前の人生の歩みの中で、ブラジルでの生活など、一般的なお坊さんのイメージからは、かけ離れた体験をされていて、

お話を伺って、出家が「ハッピーな選択」だったんだなと感じました。

妙香さんとお話をしていると、自然体でいること、心が望むことや声に耳を傾けることの大切さや、良いところに思えること、悪いことに思えることさえも、受け取り方しだいで見え方が変わるということ。

そんなことに改めて気づかされ、いろんな自分の面を受け入れてあげられることができるような気がしました。

人生は、何歳になっても迷うことや立ち止まることもあると思いますが、そんな時に自分の心の声をきいてあげることが大切だなと思います。でもそれが難しい時、妙香さんのような方にお話を聞いてもらうことで、見失いそうになる「自分がこうありたい姿」を自然と思い出すことができるような気がしました。

「誰かに話をきいてもらいたい」「こんなことを考えている自分のことを、友達や家族にはオープンにしにくいな…」と感じている方に、
妙香さんとお話してみることを、オススメしたいと思います。(40代・女性)

 

この方は、ご自身の感性をとても大切にされながらも、周囲との人間関係の中で迷いが生じていたそうです。「一般的な幸せの価値観」から離れることによって、周囲との温度差を感じたり、自信がもてなくなってしまうこと。これは自由に豊かに生きるうえでの、ある意味での通過儀礼なのかもしれません。

好きなことをする許可を、自分自身に与えることは、実はとても勇気がいることです。だからこそ、「好きなことをして自分らしく生きること」は「好きなことをして自分らしく生きたい誰か」にとって、この上なく大きな励みになるのだと思います。

ぜひともご自身のご活躍をとおして、色んな方を勇気づけて差し上げて欲しいな…と感じました。

 

合掌

 

*******

→個別セッションのご案内はこちらから

*******

→TOPへ

関連記事

  1. [セッションの感想]自分の中で滞りの元になっていた思いが、クリアになっ…

  2. [セッションの感想]18年ぶりに父と食事をしました。生きている間に、自…

  3. [セッションの感想]すごく気持ちが楽になりました!

  4. [セッションの感想]自然と本音がでるので、自分の気持ちが整理できました…

  5. [セッションの感想]これからの人生を、力を抜いて生きられそうです。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。